緑は脳の興奮を鎮め、気分をリラックスさせてくれます。 家の中の緑色は、家庭や夫婦円満にも貢献すると言われますが、緑色の効果は生きた観葉植物がベストです。葉の広い、バナナ、幸福の木などの葉からは水分が蒸発し乾燥した部屋に湿度を与えてくれます。ポトスの葉にはホルムアルデヒドを吸収し部屋の空気を浄化する働きがあります。 *目が休まるアイレストグリーンとは、椿の葉の裏側の色のことです。 *青(緑)林檎(1日1個皮ごと)には赤い林檎と同じように、血液をサラサラする効果のほかに、長時間の読書や、パソコン操作などで疲れた目を癒してくれる他、口臭を軽減させる効果もあるそうです。 若葉の透明感のある黄緑は、身体をリフレッシュさせるそうです。いつまでも色の変らない透明感のアル黄緑色の作品を飾り、逆光の位置から眺め、リフレッシュの効果をお試し下さい。

体に良い色