優雅さを感じさせる紫色は傷ついた心を癒してくれます。そして心が傷ついたときには紫色を身につけると良いでしょう。 黄色人種に紫色は似合わないと決め付けていませんか?黄色人種と呼ばれる人種の色相は、実は赤に近い赤橙で、白人種の色相は赤です。黄色人種と呼ばれる人種が紫色が似合わないと言われる本当の理由は、赤色をしばらく見つめた後に目を閉じると緑色の残像を感じます。私達はある色を見たときその反対色(補色)を求めているのです。つまり顔の近くに紫があると赤橙(をうすめメラニンを加えた)の顔色は紫の補色の黄色味を感じて黄疸のように病的に見えてしまうためです。 紫色を効果的に使うには、紫色と顔の間に黒や白、または紫の補色、順補色の中間色のスカーフやブラウスなどで緩衝部分をつくり、顔色が黄ばんで見えるのを防ぐことがポイントです。又は紫色は顔から離れたところに使うのも良い方法でしょう。 トライしてください。一段と優雅な感じに変身した自分を発見できます。 どうしても紫色の服装に自信が持てないという方には、きれいな紫色の花の作品を飾る事をお勧めします。不安定な情緒から解放されることは間違いないでしょう。 *紫色には女性ホルモンの分泌を促進させる効果もあるそうです。

 

体に良い色